教員・研究紹介
教授 川上 浩良(Hiroyoshi KAWAKAMI)
専門分野 高分子化学
研究分野 高分子材料を基盤とした環境やエネルギー、都市医療化学の研究
研究内容 新しい機能性高分子の合成をベースに、機能性分離膜、電解質膜、ナノファイバーへの展開による温室効果ガス分離や燃料電池、蓄電池等の創出による大都市で問題となる環境やエネルギー分野への貢献を目指した研究を進めています。さらに、大都市で深刻となる高齢化医療への対応として、バイオマテリアルを用いたエピジェネティクス工学、再生医療、人工酵素、ナノドラッグキャリアへの展開を志向した都市医療化学への研究も進めています。
研究室 川上研
教授 益田 秀樹(Hideki MASUDA)
専門分野 電気化学
研究分野 電気化学プロセスにもとづくナノ加工
研究内容 電気化学プロセスにもとづく規則構造の形成とその応用,特に,二次電池や太陽電池などCO2削減に貢献できるエネルギーデバイス等への応用展開に関する研究を行っています.
研究室 益田研
教授 春田 正毅(Masatake HARUTA)
専門分野 触媒化学
研究分野 金のナノ粒子およびクラスターを触媒とする環境調和型化学プロセスの開拓
研究内容 金を直径10 nm以下のナノ粒子として卑金属酸化物粒子上に分散・固定すると、常温での有害物質の酸化分解、選択的な酸素酸化や水素化による化成品の合成など、環境と調和した化学プロセスが可能になります。さらに、直径2 nm以下のクラスターにすることにより、触媒性能が劇的に変化する特異な寸法を探索しています。
研究室 春田研
教授 金村 聖志(Kiyoshi KANAMURA)
専門分野 電気化学、電池、エネルギー化学
研究分野 蓄電池および燃料電池に関する研究
研究内容 エネルギーの利用効率を高めるために必要な、革新的な蓄電池および燃料電池の開発をめざし、全固体電池やリチウム金属を用いた電池に関する材料および電池化学の研究を推進しています。革新的な特性を有する電池開発のために、基礎化学から実用化研究も含めて包括的および統合的な研究を行い、低炭素社会の実現に向けて取り組んでいます。
研究室 金村研
教授 高木 慎介(Shinsuke TAKAGI)
専門分野 光化学・ナノ構造化学
研究分野 光化学とナノ構造化学に基づく人工光合成系、光機能性材料の開発
研究内容 都市のエネルギー問題・環境問題解決に貢献しうる人工光合成や、省エネルギー・二酸化炭素削減につながる光機能性材料に関する研究を進めています。特に光化学・ナノ構造化学をベースとして、"自然に学ぶものづくり"の視点から、環境に優しい粘土鉱物などの天然材料を用いた、人工光合成、機能性色素材料に関する研究を行っています。
研究室 高木研
教授 立花 宏(Hiroshi Tachibana)
専門分野 計算機化学,情報教育
研究分野 計算機化学,情報教育
研究内容 次世代エネルギーの候補である人工光合成の実現に向けて、太陽光 等による光化学反応過程をシミュレーションによって解析しています。また、可視化技術を中心にオープンソースソフトウェアを活用した情報教育について実践し検証しています。
研究室 井上研
教授 山口 素夫(Motowo YAMAGUCHI)
専門分野 有機合成化学,応用錯体化学
研究分野 アルカン酸化のための環境調和型錯体触媒や,錯体の性質を生かした新しい省資源型機能性有機-無機複合材料の開発
研究内容 高い触媒活性をもち電気化学・光化学において興味深い性質を示すルテニウム錯体に着目し、アルカン類の高選択的・高活性な錯体酸化触媒の開発による省エネプロセスの実現、光反応性を外部から制御可能な光機能性金属錯体や包接機能や増感剤として機能する環状多核ルテニウム錯体の開発など、環境にやさしく省資源な機能性有機-無機複合材料の創出を行っています。
研究室 山口研
教授 内山一美(Katsumi UCHIYAMA)
専門分野 分析化学・マイクロ化学
研究分野 大都市の問題解決を指向した微小分析化学
研究内容 我が国は感染症の輸入国で、一旦我が国に侵入すると人口密度が高い大都市域では大流行を引き起こす恐れがあります。これを極早期の段階で診断するための超 高感度分析システムの開発及びその基礎となる化学デバイスについて研究しています。
研究室 内山研
教授 久保 由治(Yuji KUBO)
専門分野 有機材料化学
研究分野 有機合成化学を基盤とする環境調和型機能物質の創製
研究内容 エネルギー・環境に貢献できる機能物質の設計と合成をおこなっています。このような切り口から「人の暮らしを豊かにする材料」の提案を目指しています。
研究室 久保研
教授 宍戸 哲也(Tetsuya SHISHIDO)
専門分野 触媒化学、表面科学
研究分野 大都市の課題解決を指向した高機能触媒の開発
研究内容 エネルギー・資源の高効率利用ならびに環境負荷低減を実現し,持続可能な社会を構築する上で必要不可欠な大都市における環境・エネルギー 分野の課題解決 への貢献を目指しています.1)高度環境浄化触媒システムの開発、2)省エネルギー、省資源、低炭素社会を実現する高効率な物質変換を可能 とする高機能触媒システムの開発、3)水素エネルギー、バイオマスの高効率利用を実現する高機能触媒システムの開発を行っています。
研究室 宍戸研
准教授 朝山 章一郎(Shoichiro ASAYAMA)
専門分野 生体材料化学(バイオマテリアル)
研究分野 ドラッグデリバリーシステム材料に関するバイオマテリアルの開発
研究内容 人口の集中する都市生活環境である福祉を充実させるため、人類の健康を維持し生活の質(QOL)を向上させるバイオマテリアルの創製をしています。特に、ドラッグ(核酸・タンパク質・抗酸化剤・エピジェネティクス制御分子を含む)デリバリーシステム材料としての新規キャリア合成を行い、化学と生命科学の学際領域研究を推進し、都市環境の向上に貢献しています。
研究室 川上研
准教授 山登 正文(Masafumi YAMATO)
専門分野 高分子科学
研究分野 磁気プロセスを利用した高分子材料の高次構造制御と機能発現の開拓
研究内容 省エネルギー・二酸化炭素削減のため自動車や航空機の分野で期待される次世代の軽量高強度材料開発や,省電力で動作するアクチュエーターの開発を目指しています.新規複合材料や機能性材料の開発のために磁気による配向・配列効果を巧みに利用して,ユニークな構造を構築しています.
研究室 川上研
准教授 武井 孝(Takashi TAKEI)
専門分野 コロイド・界面化学
研究分野 表面・界面を探る,ナノ粒子・ナノ空間を利用する
研究内容 環境浄化のための有害物質の除去や環境にやさしいものづくりを目指した触媒反応で重要な固体表面への吸着現象を研究しています。吸着剤として高比表面積のナノポーラス材料や金ナノ粒子担持材料の表面・界面の構造・物性を研究し,表面やナノ空間を利用した機能材料の開発を行っています。
研究室 益田研
准教授 柳下 崇(Takashi YANAGISHITA)
専門分野 材料化学
研究分野 電気化学プロセスによるナノ規則構造の作製と機能デバイスへの応用
研究内容 電気化学プロセスにもとづく各種ナノ規則構造の作製とエネルギーデバイスへの 応用について研究を行っています.特に,ナノインプリントプロセス,膜乳化プ ロセスによる電池材料の作製と評価を中心に研究を進めています.
研究室 益田研
准教授 瀬高 渉(Wataru SETAKA)
専門分野 機能分子化学
研究分野 都市生活を豊かにする機能分子開発
研究内容 低炭素社会を実現する新しいファインケミカルの開発原理の確立を目指し、分子の運動や電子構造を制御する新方法論を開発する研究を進めています。 特に、環境負荷の小さな元素であるケイ素を組み込んだ 新骨格の有機分子を設計・合成して、分子の新機能を開発する研究を行っています。
研究室 瀬高研
准教授 梶原 浩一(Koichi KAJIHARA)
専門分野 無機材料化学
研究分野 セラミックス・ガラスの合成法の開発と光・電子機能化
研究内容 効率的なエネルギー利用による二酸化炭素削減へ向けて、セラミックスやガラスなどの無機固体の合成法の開発や、これらに光・電子機能性をもたせる研究に取り組んでいます。シリカガラスの深紫外透明性と照射耐性の向上、無機材料の液相合成、希土類ドープ蛍光ガラス、紫外透明有機-無機ハイブリッド、電気伝導性セラミックス、などに関心を持っています。
研究室 金村研
准教授 佐藤 潔(Kiyoshi SATO)
専門分野 複素環化学
研究分野 環境問題の解決に貢献するためのイオン性有機材料の開発
研究内容 環境に応答して変色するクロミック色素や環境汚染の原因となるアニオン種の包接機能をもったレセプター分子、貴金属を使わない低コストな燃料電池用正極材料や省エネ光源用発光材料として有望視されている窒素ドープナノグラフェンなどの開発を目的に、カチオン性複素環を組み込んだ機能性有機分子材料を設計・合成する研究を行っています。
研究室 山口研
准教授 中嶋 秀(Hizuru NAKAJIMA)
専門分野 環境分析化学,生体分析化学,機器分析化学
研究分野 オンサイト測定を指向したマイクロ化学・バイオ分析システムの開発
研究内容 環境試料中に含まれる有害化学物質や生体試料中に含まれる微量成分を,現場で,誰もが,簡便,迅速かつ高感度に測定できる新しい分析装 置や医療検査機器の開発を目的として,マイクロ化学分析システム,クロマトグラフィー,電気泳動,化学センサ,バイオセンサなどの研究を行っています。
研究室 内山研
准教授 加藤 俊吾(Shungo KATO)
専門分野 大気化学, 環境化学
研究分野 大気微量成分の測定による大気環境診断と環境計測技術開発
研究内容 先進国の都市域では大気汚染物質が減少しているにもかかわらず光化学オキシダントが増加するという問題があり、このような都市域の大気質改善に取り組んでいます。隣国からの長距離越境大気汚染も問題となっているため、都市域だけでなく遠隔地域での大気観測もおこなっています。また、新たな環境計測技術開発により大気環境問題に取り組んでいます。
研究室 内山研
准教授 Yan MULYANA
専門分野 Energy-related chemistry
研究分野 Functional metal complexes for photo-induced water splitting and heat-harvesting batteries
研究内容 The escalating environmental impact of the burning of fossil fuels and the coming shortfall of the non-renewable energy source require our immediate actions. My research is focused on developing new energetic materials that can help reduce our dependence on the use of fossil fuels. Using state-of-the-art organic/inorganic hybrid approaches, new materials for the direct conversion of sunlight, water and heat waste into energy can be created.
研究室 久保研
助教 田中 学(Manabu TANAKA)
専門分野 高分子化学・機能性高分子材料
研究分野 都市が直面する環境・エネルギー問題解決に寄与する機能性高分子材料の開発
研究内容 地球温暖化問題の抜本的な解決策として期待される二酸化炭素分離・回収(CCS)技術に不可欠な高効率な気体分離膜や、究極のクリーンエネルギーである燃料電池の高性能化に繋がるナノファイバーを用いた革新的な高分子電解質膜など、高分子ならではの特徴を活かした材料の開拓に取り組んでいます。
研究室 川上研
助教 近藤 敏彰(Toshiaki KONDO)
専門分野 電気化学プロセスにもとづくナノ・マイクロ加工.応用光学.
研究分野 電気化学プロセスにもとづく微細構造の形成と光機能デバイスへの応用
研究内容 電気化学プロセスにもとづいた微細構造体の規則配列の形成と光機能デバイスへの応用に関して研究を行っています.特には,エネルギー問題・環境問題の解決を目指し,ナノ・マイクロ構造の導入による太陽電池やセンシングデバイスなどの光機能デバイスの高性能化に関して研究を行っています.
研究室 益田研
助教 稲垣 佑亮(Yusuke INAGAKI)
専門分野 有機合成化学
研究分野 省エネルギー社会の実現を目指した環境負荷の少ない新規材料開発
研究内容 ケイ素は地殻中に存在する元素の中で酸素に次いで二番目に多い元素であり、石油資源を構成する中心元素である炭素と類似した性質を有しています。炭素材料の代替材料として、豊富に存在する資源である"ケイ素"を用いた新規材料を開発することにより、省エネルギー社会の実現を目指します。
研究室 瀬高研
助教 竹歳 絢子(Ayako TAKETOSHI)
専門分野 触媒化学
研究分野 金触媒を用いる環境調和型有機合成反応の開発
研究内容 環境調和型化学プロセスの開拓を目指し、金を種々の金属酸化物上に分散・固定化した触媒を用いる有機合成反応の開発に取り組んでいます。
研究室 春田研
助教 棟方 裕一(Hirokazu MUNAKATA)
専門分野 電気化学・材料化学
研究分野 構造設計に基づくエネルギー変換デバイスの高性能化
研究内容 エネルギーの有効利用に向けて、リチウム二次電池や燃料電池に代表される電気化学エネルギー変換デバイスの高性能化に取り組んでいます。電極や電解質といった構成材料の設計から、それらを有効に活用するための電池の設計まで、構造化をキーワードに研究を行い、二酸化炭素排出量の削減に取り組んでいます。
研究室 金村研
助教 嶋田 哲也(Tetsuya SHIMADA)
専門分野 物理化学
研究分野 物理化学的手法による光エネルギー変換とナノ構造の研究
研究内容 都市エネルギー問題解決を目指した太陽光有効利用に向けた人工光合成型機能材料をはじめ、ナノレベルで高度な構造制御がなされた光機能性材料の開発と評価を行っています。特にレーザー分光などの超高速時間分解分光、物理化学的解析、理論モデルによる評価などを主な手法としています。
研究室 高木研
助教 曾 湖烈(Hulie ZENG)
専門分野 分析化学
研究分野 環境試料や生体試料を対象とした新規分析法の開発
研究内容 インクジェットを用いて,極少量の試料や試薬で、迅速かつ高感度に測定できる,環境にやさしい新しい分析手法の開発を行っています。
研究室 内山研
助教 乗富 秀富(Hidetaka NORITOMI)
専門分野 生物化学工学
研究分野 バイオリアクタおよびバイオセンサの開発
研究内容 低環境負荷かつ低消費エネルギーを追求する化学品製造を実現するために、温和な条件で化学反応を促進することができる生体触媒である酵素を応用した化学反応プロセスの開発を行っています。また、酵素を分子認識素子として長期保存安定性と高い動作安定性を発揮するバイオセンサの構築を目指しています。
研究室 内山研
助教 西藪 隆平(Ryuhei NISHIYABU)
専門分野 自己組織化材料化学
研究分野 分子組織化学を基盤とする低環境負荷型材料の創製
研究内容 分子の自己組織化現象を利用した環境にやさしい「ものづくり」を通じて持続可能な社会の構築に貢献します。
研究室 久保研
助教 三浦 大樹(Hiroki MIURA)
専門分野 触媒化学
研究分野 省エネルギー・省環境負荷を実現する有機合成用不均一系触媒の開発
研究内容 省エネルギー化、省資源化を実現し、より住みやすい都市環境を構築する上で新規な触媒の開発は非常に重要です。なかでも高付加価値品を 生み出す為の有機分子変換反応を、高効率かつ高選択的に進行させ、また容易に再利用できるなどの高い環境調和性能を有する新しい触媒 プロセス、特に不均一系触媒の開発を目指して研究を行っています。
研究室 宍戸研
人工光合成研究センター長、
特任教授
井上 晴夫(Haruo INOUE)
専門分野 光化学
研究分野 人工光合成、光機能物質、人工筋肉モデル、分子系包接環境の光化学
研究内容 人類の夢である究極の再生可能エネルギー変換システムとしての人工光合成の実現に挑戦しています。人工光合成の実現は、ゼロエミッション・カーボンニュートラルの視点から都市環境問題に大きく貢献できる研究課題です。
研究室 井上研