過去のNews of 都市システム科学域 ホームベージ

ページの先頭へ

LinkIconHOME

2012/10/14

羽室早瑛さん(伊藤研M2)が地理情報システム学会研究発表大会にて大会優秀発表賞を受賞しました. タイトル:「東京都認証保育所の園外活動における移動ルートに関する研究」

2012/10/04

ソウル市立大学と首都大学東京による都市についてのジョイントセミナーが開催されます。

2012年11月2日/3日 首都大学東京 国際交流会館 中会議室

ソウル市立大学と首都大学東京では年に一度、都市についての合同の研究セミナーを開催しています。2012年は首都大学東京を会場として以下のように開催する事となりました。
都市の研究に興味のある学部学生、大学院生、研究者、市民の全ての参加を歓迎します。
参加費、事前申し込みは不要です。会場に直接お越し下さい。日本語への逐次通訳付きです。

セッション1 都市の空間システム 11月3日 9:30-11:30 chair : Fumiko ITO 伊藤史子
■Jaisung CHOI: Design methodology of living streets based on pedestrian-centered design concepts for urban walking facilities
■Sang Seok LEE: Sustainable Urban Drainage Characteristics in Mountainous Urban Neighborhood Parks
■Sun-Young RIEH: Greening Design Education-Case Study of University of Seoul
■Taro ICHIKO and Hidenori TAMAGAWA: A report of an action disaster-research for recovery planning in Noda, Iwate prefecture
■Student Presentation Shoko NISHIO, Kazuki ISHIBASHI

セッション2 都市の社会システム 11月3日 11:30-13:30 chair : Tanji HOSHI 星旦二
■Geunhee CHOI: A Comparative Study of the Smart Growth Policies in Korea and America
■Seok Hwi SONG: Privatization of the Public Services and the Results: Case study of Seoul Metropolitan Government
■Motoki NAGANO:Participatory Program Review in Tokyo Metropolitan Municipalities:Political Initiatives, Deliberation and Capacity Building
■Student Presentation Shoji HASEGAWA, Yoriko TSUCHIYA

特別セッション 都市についての国際教育 11月2日 16:00-18:00 chair : HIdenori TAMAGAWA 玉川英則
■June Hwan KOH: Education Programs of Urban Sciences at University of Seoul
■Wanglin YAN (Keio University): International Education Programs for Environmental Issues at Shonan Fujisawa Campus, Keio University
■Student Presentation Satoshi OKA ,Sota TERASAWA, Shota SUZUKI

2012/09/14

 ・竹宮教授の医療福祉施設に関する論説「これからの医療福祉施設の建築計画に求められる
  もの」が日刊建設産業新聞(2012/9/14)に掲載されました。

2012/07/12

 ・過去の入試問題をアップロードしました.
  平成24年度博士前期課程<専門科目>,<小論文>
  平成23年度博士後期課程(秋入学)<小論文>

2012/05/21

以下のミニフォーラムを企画しました。学内外誰でも参加可能です。是非ともお越し下さい。

ミニフォーラム「東日本大震災・どう復興するか? 」
首都大学東京の教員+学生による被災地での活動報告
2011年3月11日の東日本大震災から1年が経ち、各地で復興への取り組みが進むとともに、様々な可能性と課題があらわれてきています。 首都大学東京の教員や学生も、これまで様々な立場で専門的な支援や調査を行ってきました。これまでの1年間のそれぞれの取り組みを報告して多くの学生や教員と成果と状況を共有し、被災地の可能性や課題を学問横断的に俯瞰しながら、復興の課題や可能性について考えることを目的としてミニフォーラムを開催します。

日時:5月21日(月) 18:30~20:00
場所:首都大学東京 南大沢キャンパス 1号館 120教室
   (京王相模原線 南大沢駅徒歩5分)

入場無料/申し込み不要/学内学外問わず参加可
問い合わせ先 饗庭伸(aib@tmu.ac.jp)

1)富岡町からの原発避難者調査:
   山下祐介(社会学教室准教授)+山本薫子(建築都市コース准教授)
   +社会学博士課程学生
2)陸前高田りくカフェ:
   猪熊純(建築都市コース助教)+建築学域修士課程学生
3)牡鹿半島の泊里集落復興計画:
   門脇耕三(明治大学/前本学建築都市コース助教)+建築学部学生
4)大船渡の復興計画策定支援:
   饗庭伸(建築都市コース准教授)+都市システム科学域修士課程学生
5)東日本大震災デジタルアーカイブ:
   渡邉英徳(インダストリアルアートコース准教授)+システムデザイン学部学生

2012/06/09 

大学院入試説明会(夏季試験)
平成25年度 都市システム科学域 大学院入試(夏季試験)の説明会を開きます。
受験希望の方はご参加ください。

日時:6月9日(土)13時~14時
場所:首都大学東京 南大沢キャンパス 9号館2F 229教室
内容:1.学域長開会挨拶
   2.都市システム科学域の教育・研究案内
   3.夏季入試(平成24年8月)案内
   4.質問コーナー

なお、夏季に行われるのは、博士前期課程(一般選抜、社会人特別選抜)の試験、および博士後期課程(秋季入学)です。
また、説明会前後に研究室毎の説明会や面談を行う研究室があります。詳細は個別の研究室にお問い合わせ下さい。

2012/02/16 

学位論文公開発表会のお知らせ
下記により、王 雷 氏の学位(都市科学)論文公開発表会を開催しますので、ご出席下さいます様ご案内致します。

学位請求者(発表者):王 雷
論文題名:中国における鉄道貨物輸送量と人口・産業分布の関連性に関する研究
     -実証的モデルによる政策評価
主査:玉川 英則
日 時:2012年2月16日(木)10:00~12:00
場 所:首都大学東京南大沢キャンパス 9号館562室(都市システム科学域会議室)

2012/02/08 

都市システム科学域大学院入試(冬季試験)について
都市システム科学域大学 院入試(冬季試験)を、2012年2月8日(水)、9日(木)に行います。
対象は、
・平成24年4月に入学を希望する博士前期課程 (一般選抜、社会 人特別選抜、外国人特別選抜)
・平成24年4月に入学を希望する博士後期課程 です。
博士前期課程(一般選抜)の外国語については、
・全員にTOEFLまたはTOEIC のスコアを提出していただきます。

博士後期課程の外国語については、
・全 員にTOEFLまたはTOEICのスコアを提出 していただきます。  

いずれも学域内 基準に基づき100点に換算します。

詳細は募集要項をご覧下さい。

2012/01/28   

都市科学ゼミナールが開催されます。
日時:平成24年1月28日(土)9:30 開始 16:30 頃終了予定
場所:首都大学東京南大沢キャンパス12号館201教室
今回は、修士課程2年生の修士論文の最終発表が行われます。
当日のプログラムはこちらです(予告無く当日に変更される事があります)。
外部からの見学(大学院入学内定者、大学院入学希望者も含む)を歓迎します。
参加希望者は直接会場までお越し下さい。

2012/01/26 

学位論文公開発表会のお知らせ
首都大学東京大学院 都市環境科学研究科
都市システム科学専攻域 教授 星 旦二
下記により、坊迫吉倫 氏の学位(都市科学)論文公開発表会を開催しますので、ご出席下さいます様ご案内致します。

                  記
(論文題名)都市高齢者における社会経済的要因と幸福感・生活満足感・主観的健康感
      および生存日数の構造研究
(発表者) 坊迫吉倫
(日 時) 2012年1月26日(木)16:30~
(場 所) 9号館 231号室
(主査及び委員)
 主査: 星 旦二 教授
 副査: 玉川英則 教授
 副査: 白石 賢 教授
 副査: 山本薫子 准教授
尚、公開発表会終了後に9号館5階の都市システム科学域会議室にて、懇親の場を設定いたします。是非とも、ご参加ください。


2012/01/24

祖運奇さん(伊藤研究室研究生)が
GE「学生のためのアイデアコンテスト『「2030年、日本の持続可能な街』」で
優秀賞を受賞しました。
提案タイトル:「日本2030の田園都市夢」


2011/11/26

都市科学ゼミナールが開催されます。
日時:平成23年11月26日(土)9:00 開始 16:30 頃終了予定
場所:首都大学東京南大沢キャンパス12号館201教室

今回は、修士課程1年生の修士論文の中間発表、博士課程の博士論文の中間発表が行われます。
当日のプログラムはこちらです(予告無く当日に変更される事があります)。
外部からの見学を歓迎します。
参加希望者は直接会場までお越し下さい。


2011/11/05

大学院入試説明会(冬季試験)
平成24年度都市システム科学域 大学院入試(冬季試験)の説明会を開きます。
受験希望の方はご参加ください。
日時:2011年11月05日(土)13時~14時
場所:首都大学東京 南大沢キャンパス 9号館2F 231教室
内容:
1.学域長開会挨拶
2.都市システム科学域の教育・研究案内
3.冬季入試(平成24年2月)案内
4.質問コーナー

なお、冬季に行われるのは、博士前期課程(一般選抜、社会人特別選 抜、外国人特別選抜)の試験、および博士後期課程です。
また、説明会前後に研究室毎の説明会や面談を行う研究室があります。 詳細は個別の研究室にお問い合わせ下さい。

2011/10/18

博士後期課程3年の王雷さん(玉川研究室)の学術論文、
The relationship between the city distribution and transportation energy consumption: a comparative study of Japan and China
が、中国留日同学会主催 第13回留日成果論集 優秀論文奨励賞を受賞しました。


2011/10/08

都市科学ゼミナールが開催されます。
日時:平成23年10月8日(土)9:30 開始 18:30 頃終了予定
場所:首都大学東京南大沢キャンパス12号館201教室

今回は、修士課程2年生の修士論文の中間発表、博士課程の博士論文の中間発表が行われます。
当日のプログラムはこちらです(予告無く当日に変更される事があります)。外部からの見学を歓迎します。参加希望者は直接会場までお越し下さい。


2011/09/09

10月からの後期に新規に着任する先生方の以下の講義のシラバスが出来ました。
履修の参考にしてください。
より詳しくは、それぞれの講義の初回にでて、説明をうけるようにしてください。

<都市空間計画特論 後期,金・3,9-229> 担当教員:市古太郎
<都市空間計画演習 後期,金・4,9-229> 担当教員:市古太郎
<都市制度論特論 後期,水・3,9-229> 担当教員:長野 基
<都市制度論演習 後期,水・4,9-229> 担当教員:長野 基
<都市政策論演習 後期集中,土・1・2,9-229> 担当教員:長野 基・饗庭 伸

2011/08/10

夏の大学院入試の教員分野の追加について
このたび諸手続きが整い、教員が新たに1名追加になります。
それに伴い募集分野が1つ(411、市古太郎准教授10月着任予定)追加となりました。

2011/08/01

修士1年の上赤坂典幸君(竹宮研究室)が,本年度の日本建築学会優秀卒業論文賞を受賞しました。
論文題名:重症心身障がい児者のレスパイトケア施設の建築計画に関する研究

2011/07/16

日本都市計画学会創立60周年・さいたま市誕生10周年記念 学生提案競技
「大宮駅東口地域:人の流れを生み出すおもてなし空間の創出」(公開審査7月16日)
において、以下の学生5名が市長賞を受賞しました。

作品名:「駐輪場×◯◯◯」

メンバー:布川悠介(都市システム科学域M2伊藤研)、平野有良(建築学域 M1小泉研)、
     松嶋貴大(建築都市コース4年小泉研)、岡野愛結美(建築都市コース3年)、
     中村駿太(建築都市コース3年)

2011/07/16

第二回大学院入試説明会を開催します(夏季試験)
平成24年度 都市システム科学域 大学院入試(夏季試験)の第二回目の説明会を開きます。
8月に行われる夏期試験前の最後の説明会となります。
内容は6月4日に開催された説明会と同じですが、もう一度話を聞いてみたい方も是非ご参加ください。

日時:7月16日(土)13時~14時
場所:首都大学東京 南大沢キャンパス 9号館2F 231教室
内容:1.学域長開会挨拶
   2.都市システム科学域の教育・研究案内
   3.夏季入試(平成23年8月)案内
   4.質問コーナー

なお、夏季に行われるのは、博士前期課程(一般選抜、社会人特別選抜)の試験、および博士後期課程(秋季入学)です。
また、説明会前後に研究室毎の説明会や面談を行う研究室があります。詳細は個別の研究室にお問い合わせ下さい。

2011/07/02

都市科学ゼミナールが開催されます。

日時:平成23年7月2日(土)9:30 開始 13:05 頃終了予定
場所:首都大学東京南大沢キャンパス12号館201教室

今回は、博士課程の博士論文の中間発表が行われます。
当日のプログラムはこちらです(予告無く当日に変更される事があります)。
外部からの見学を歓迎します。
参加希望者は直接会場までお越し下さい。

2011/06/04

大学院入試説明会(夏季試験)
平成24年度 都市システム科学域 大学院入試(夏季試験)の説明会を開きます。
受験希望の方はご参加ください。

日時:6月4日(土)13時~14時
場所:首都大学東京 南大沢キャンパス 9号館2F 229教室
内容:1.学域長開会挨拶
   2.都市システム科学域の教育・研究案内
   3.夏季入試(平成23年8月)案内
   4.質問コーナー

なお、夏季に行われるのは、博士前期課程(一般選抜、社会人特別選抜)の試験、および博士後期課程(秋季入学)です。
また、説明会前後に研究室毎の説明会や面談を行う研究室があります。詳細は個別の研究室にお問い合わせ下さい。

2011/05/31

特別講演会のお知らせ

特別講演会「東京は東日本大震災から何を学ぶのか」
講師:明治大学大学院政治経済学研究科 中林一樹 特任教授
  (首都大学東京大学院都市環境科学研究科客員教授)

日時:2011年5月31日(火)16:20-17:50
会場:首都大学東京南大沢キャンパス
   1号館120番教室(南門を入って右手)

講演内容:
東日本大震災がメガシティ東京ならびに東京都の地震防災対策に与えた影響を踏まえて、今後の東京及び国土レベルでの防災のあり方について講演する。

2011/04/16

都市科学ゼミナールが開催されます。

日時:平成23年4月16日(土)9:30 開始 17:00 頃終了予定
場所:首都大学東京南大沢キャンパス12号館201教室

今回は、修士課程二年生の修士論文の中間発表が行われます。
当日のプログラムはこちらです(予告無く当日に変更される事があります)。
外部からの見学を歓迎します。
参加希望者は直接会場までお越し下さい。

<3/13に予定されていました退任記念講義が5/14に開催されます。>

中林一樹先生,羽貝正美先生が首都大学東京を退任されることになりました.
お二人の先生の退任記念講義を下記のとおり開催いたします.
広くOB/OGを含めた方々のご出席をお待ちしております。
退任記念講義のご案内

 日 時:平成23年5月14日(土) 14:00~17:00
 場 所:首都大学東京11号館204教室(旧理工講義棟)
 次 第:14:00 開会のあいさつ
     14:10-15:40 中林一樹教授 退任記念講義
       「東京の防災都市づくり-これまで、そしてこれから-」
     15:40-16:00 休憩
     16:00-17:00 羽貝正美教授 退任記念講義
       「分権改革と都市のガバナンス-日仏比較の視点から-
     17:30- 懇親会(会場:本学カフェテリア館)
        懇親会の会費 4,000円(当日会場にて徴収)

2011/04/01

都市システム科学域の24年度大学院入試 博士前期課程(一般選抜)の英語について(予告)
これまでは、一般選抜の外国語については、 「TOEFLまたはTOEICのスコア提出」と「筆答試験」の いずれかまたは両方を選択可能でしたが、 24年度入学者選考からは全員「TOEFLまたはTOEICのスコア提出」のみとなる予定です。 当学域の前期課程一般選抜の受験を考えている方は、 受験日程に間に合うように事前にTOEFLまたはTOEICの試験を受けておいてください。
※当学域の後期課程の受験を考えている方も、これまでと同様に全員スコア提出です。

2011/02/10

【博士論文発表会のお知らせ】
以下のとおり、大学院都市科学研究科の博士論文の発表会を行います。
ご興味のある方は、どうぞご参加下さい。

持続可能な循環型社会の形成を目的とする環境関連税制の現状とその効果に関する研究
発表者:藤岡茂
日 時:2月10日(木)午後4時半から
場 所:首都大学東京南大沢キャンパス9号館2F 231室
主 査:伊藤史子

2011/02/08

市システム科学域大学院入試(冬季試験)について
都市システム科学域大学院入試(冬季試験)を、2011年2月8日(火)、9日(水)に行います。
対象は、
・平成23年4月に入学を希望する博士前期課程
 (一般選抜、社会人特別選抜、外国人特別選抜)
・平成23年4月に入学を希望する博士後期課程
です。

博士前期課程(一般選抜)の外国語については、
・TOEFLまたはTOEICのスコアを提出することで外国語試験に代えることができます。
 (学域内基準に基づき100点に換算します)。
・今年度は英語筆答試験も行います。
・スコアを提出しなおかつ試験も受けた場合は良いほうの点を外国語の成績とします。

博士後期課程の外国語については、
・全員にTOEFLまたはTOEICのスコアを 提出 していただきます。
 詳細は募集要項をご覧下さい。

2011/01/29

• 都市科学ゼミナールが開催されます。
 日時:平成23年1月29日(土)10:00 開始 17:00 頃終了予定
 場所:首都大学東京南大沢キャンパス12号館201教室
• 今回は、修士課程二年生の修士論文の最終発表が行われます。
当日のプログラムはこちらです(予告無く当日に変更される事があります)。外部からの見学(大学院入学内定者、大学院入学希望者も含む)を歓迎します。参加希望者は直接会場までお越し下さい。

2011/01/17

井上直子(星研究室 D2)さんが中心となって編集しました
「飯能市介護予防筋トレマニュアル~ピンピンキラリとした毎日を送るために~」が、
このたび電子書籍として出版されました。下記のサイトでご覧下さい。

2011/01/14

【博士論文発表会のお知らせ】
 以下のとおり、大学院都市科学研究科の博士論文の発表会を行います。
 ご興味のある方は、どうぞご参加下さい。

「都市における青少年の“Well-Being”とその関連要因の構造分析
 −小・中・高校生および大学生を対象として−」
発表者:中山直子
日 時:1月14日(金)午後4時半から
場 所:都大学東京南大沢キャンパス9号館2F 229室
主 査:星旦二
 終了後には、五階会議室にて懇親会を予定しています。

2010/12/22

東京都と首都大学東京都市環境学部で連携して進めている「事前復興対策」について,都庁で「震災復興シンポジウム」を開催します.本学域から中林一樹教授と市古太郎助教がパネルディスカッションに登壇します.詳しくはチラシをご覧ください.
日時:12/22(水)13:30-16:30
場所:東京都庁第一本庁舎5階大会議場

2010/12/10,11

首都大学東京とソウル市立大学との研究交流セミナーが開催されます。
テーマ:東京とソウルにおける今日的都市の課題
場所: 本部棟1階会議室
詳細はポスターをご覧下さい。

2010/11/27

• 都市科学ゼミナールが開催されます。
 日時:平成22年11月27日(土)9:30 開始 18:00 頃終了予定
 場所:首都大学東京南大沢キャンパス12号館201教室
• 今回は、修士課程一年生の修士論文の中間発表、ソウル市立大学研究生の中間発表(1名)、博士課程の中間発表(1名)が行われます。当日のプログラムはこちらです(予告無く当日に変更される事があります)。外部からの見学(大学院入学内定者、大学院入学希望者も含む)を歓迎します。参加希望者は直接会場までお越し下さい。

2010/11/15

饗庭准教授の誌上講義が雑誌Penの「オトナの大学」特集に掲載されました。
「これからの都市計画は、住民たちが主役です」というタイトルです。

2010/11/12

布川悠介さん(伊藤研M1)がCSIS DAYS 2010にて優秀研究発表賞を受賞しました。
タイトル:「市街地におけるグラフィティの分布と特性」
(@東京大学空間情報科学研究センター、11月11~12日開催)

2010/9/22

学術論文集『都市科学研究』第4号の原稿を募集します。
日程(いずれも必着)は以下の通りです。奮ってご応募下さい。
  2010年12月31日(金) 投稿原稿アブストラクト
            (400字程度。電子メールで受け付けます)締切
  2011年1月31日(月) 審査付研究論文 投稿 締切
  2011年2月28日(月) 一般研究論文、都市研究報告、研究活動報告投稿 締切

なお、投稿に当たっては、【『都市科学研究 Journal of Urban Science 』投稿規定】と【『都市科学研究 Journal of Urban Science 』原稿執筆要領】をご参照下さい。
上記アブストラクトの提出先も、【『都市科学研究 Journal of Urban Science 』原稿執筆要領】の「7.原稿の受付」の項にある通りで す。但し、アブストラクトに限り電子メールのみで構いません。
【『都市科学研究 Journal of Urban Science 』投稿規定】にある投稿期限とは異なるスケジュールで募集しますので、ご注意下さい。

2010/10/25

星旦二教授の著作が刊行されました。
・地域保健スタッフのための「住民グループ」のつくり方・育て方 編集:星 旦ニ、栗盛須雅子 医学書院

2010/10/24

鈴木綾子さん(伊藤研M2)が地理情報システム学会研究発表大会にて大会優秀発表賞を受賞しました。
タイトル:「個人嗜好を考慮した訪問エリア選択支援システム実証実験」
(@立命館大学衣笠キャンパス、10月23~24日開催)

2010/10/08

星旦二教授の著作が刊行されました。
・ピンピンコロリの法則 ~おでかけ好きは長寿の秘訣~ (ワニブックスPLUS新書) 星旦二 (新書)

2010/10/03

星旦二教授の著作が刊行されました。
・社会保障制度と生活者の健康〈2〉公衆衛生 星 旦二編著

2010/10/02

• 都市科学ゼミナールが開催されます。
 日時:平成22年10月02日(土)9:30 開始 18:00 頃終了予定
 場所:首都大学東京南大沢キャンパス12号館201教室
• 今回は、修士課程二年生の修士論文の中間発表、修士課程三年生の修士論文の最終発表(1名)、博士課程の中間発表(3名)が行われます。当日のプログラムはこちらです(予告無く当日に変更される事があります)。外部からの見学(大学院入学内定者、大学院入学希望者も含む)を歓迎します。参加希望者は直接会場までお越し下さい。

2010/08/25

市古太郎助教が「Outcome-Sequenceチャートを用いた事前復興対策としての東京都市復興図上訓練の考察」(中林一樹教授との共著)で日本都市計画学会論文奨励賞を受賞しました.

2010/08/12

【博士論文発表会のお知らせ】
 以下のとおり、大学院都市科学研究科の博士論文の発表会を行います。
 ご興味のある方は、どうぞご参加下さい。

「大都市圏の大規模道路建設における民意反映と政府間関係の態様に関する研究」
  発表者:片田恭平
  日 時:8月12日(木)17:30~19:30   
  場 所:首都大学東京南大沢キャンパス9号館2F 229 号室   
  主 査:羽貝正美(都市環境科学研究科都市システム科学専攻教授)

2010/08/06

饗庭研究室他が川崎市高津区で行っているまちづくり活動が東京新聞川崎版に掲載されました。

2010/06/26

都市科学ゼミナールが開催されます。
 日時:平成22年6月26日(土)9:30 開始 17:30 頃終了予定
 場所:首都大学東京南大沢キャンパス12号館201教室
今回は、博士後期課程の中間発表、修士課程(9月卒業)の修士論文の中間発表、ソウル市立大学研究生の発表が行われます。外部からの見学を歓迎します。参加希望者は直接会場までお越し下さい。

2010/06/12

学院入試説明会(夏季試験)     
平成23年度 都市システム科学域 大学院入試(夏季試験)の説明会を開きます。
受験希望の方はご参加ください。

日時:6月12日(土)13時~14時
場所:首都大学東京 南大沢キャンパス 9号館2F 231教室

内容:
1.学域長開会挨拶
2.都市システム科学域の教育・研究案内
3.夏季入試(平成22年8月)案内
4.質問コーナー

なお、夏季に行われるのは、博士前期課程(一般選抜、社会人特別選抜)の試験、および博士後期課程(秋季入学)です。
また、説明会前後に研究室毎の説明会や面談を行う研究室があります。詳細は個別の研究室にお問い合わせ下さい。

2010/04/10

都市科学ゼミナールが開催されます。
 日時:平成22年4月10日(土)10:00 開始 17:00 頃終了予定
 場所:首都大学東京南大沢キャンパス12号館201教室
• 今回は、修士課程新二年生の修士論文の中間発表が行われます。外部からの見学を歓迎します。参加希望者は直接会場までお越し下さい。

2010/04/06

2010年度の都市科学ゼミナールの日程は以下の通りです。
卒業生や学外の方からの参加を歓迎いたします。
いずれも朝10時ごろに開始の予定ですが、開始時間等の詳細は変更の可能性があります。
4月10日 修士課程2年生 
6月26日 博士後期課程
10月2日 修士課程2年生
11月27日 修士課程1年生
1月29日 修士課程2年生(修士論文発表会) 
場所:首都大学東京 南大沢キャンパス 12号館201号室

2010/03/29

秋山 哲男元教授が執筆した都市科学叢書『生活支援の地域公共交通』 が、交通協会(交通新聞社)の交通図書賞を受賞しました。

2010/03/19

学位授与式が行われました。
2名の方に博士号が、10名の方に修士号が授与されました。おめでとうございます。

2009/10/01

中林研究室修士課程の木村美瑛子さんが、「荒川洪水ハザードマップの住民認識度と耐水害性との関係に関する研究-葛飾区堀切2丁目地域住民アンケート調査の報告-」で、土木学会平成21年度全国大会第64回年次学術講演会優秀講演者を受賞しました。

2009/9/19

饗庭研究室他が大森山王地区で行っているまちづくり活動が読売新聞都民版に掲載されました。

2009/9/17

星研究室博士課程のの井上直子さんが「地域別にみた後期高齢者における身体的・社会的・精神的活動における構造分析」で、中山直子さんが「中・高校生の楽しい学校生活を規定する要因 ~生活習慣と喫煙・飲酒経験との関連~」で、第9回 SPSS研究奨励賞を受賞しました。

2009/04/01

都市科学叢書第3巻が刊行されました。
『生活支援の地域公共交通』
著者:秋山 哲男〔あきやま てつお〕
 (首都大学東京 都市環境科学研究科 都市環境学部 自然文化ツーリズムコース 教授)
猪井 博登〔いのい ひろと〕
 (大阪大学大学院 工学研究科)
竹内 龍介〔たけうち りゅうすけ〕
 (八千代エンジニヤリング株式会社 総合事業本部 地域計画部 技術第二課 主任)
吉田 樹〔よしだ いつき〕
 (首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 助教)
自家用車を自由に使えない人々の生活基盤として、バスや移送サービスなどの公共交通は極めて重要だが、とりわけ過疎地では採算上厳しい局面にある。本書は、様々な特性を持つ交通システムを組み合わせ、高齢者・障害者・交通不便地域の住民に良質なサービスを可能な限り効率よく提供するための計画の考え方、手法を提案する。

2009/3/13  

都市システム科学域の提供する科目(インターンシップ及び関連科目)が,建築士試験の受験資格である 「実務経験」に該当することが確認されました.これらの科目を規定通り履修することに
より,1年,ないしは2年の実務経験として認定されます.専門領域は「意匠」のみです.

2008/11/30 

都市科学叢書第2巻が刊行されました。 
『コンパクトシティ再考 -理論的検証から都市像の探求へ』 
編者:玉川英則
著者:鈴木勉、佐藤栄治・吉川徹、佐土原聡、大口敬、市古太郎、
   伊藤史子・堀川知子・中東雅樹、玉川英則
前書きより:
「コンパクトシティ」という言葉がよく聞かれるようになった。政府や 自治体もコンパクトシティに向けて大きく舵を切ろうとしており、盛ん に政策上の議論が行われている。
 しかしその一方で、描かれているコンパクトシティ像はあまりに多様 で、共通の理解がないように思われる。また、理念や原則といったもの が軽視されているか、少なくともあまり考慮されていないように感じら れる。原理原則にとらわれすぎるのもいかがかと思われるが、実際、基 本に立ち戻って考えてみると、コンパクトシティに期待される諸側面に は、相互に補完やトレードオフ関係にありそうなものがある。そういっ たことが意識されない状況の下で、コンパクトシティを目指すと称され ている諸政策は、果たして成果を挙げていくことができるのだろうか?
 「コンパクトシティ」について、その計画やプロセスを網羅的に示す 著作はすでに何冊か存在する。それに対し、本書では、その計画やプロ セスへの「作業仮説」とでも言うべきものを、より論理的に、具体的に 考えてみよう、というスタンスに拠っている。「こうやってまちづくり をしましょう」というマニュアル的な内容ではなく、「このように考え てみてはどうでしょう」というのが本書の基本的姿勢である。読者の皆 様には、そのことを念頭において読み進めて頂ければ幸いである。