教員一覧

【文化ツーリズム領域】 文化ツーリズム領域ホームページ

清水 哲夫 教授(Prof. Tetsuo SHIMIZU)

清水哲夫教授

  • 【専門】交通学、社会基盤計画学、観光計画学
    【学位】博士(工学)(東京工業大学)
  • 例えば、地球温暖化や大規模災害の脅威と戦っていくためには、理系・文系を問わず多様な学問領域が力を合わせて複雑な問題に立ち向かうことが必要です。ツーリズムもまさに同じことが要求されるのですが、学問領域を超えた総合的なツーリズムの研究・教育は世界的にも不十分です。将来的にこれを実現することが、我がコースの持っている基本的使命です。まだ頭の柔らかい学生さん達と一緒にこの使命を果たして行きたいと思っています。特に、司令塔として国や地域のツーリズム戦略を策定・実現していく野望を持つ学生さんを待っています。
  • 清水研究室のホームページ

川原 晋 教授(Prof. Susumu KAWAHARA)

川原晋准教授

  • 【専門】都市・地域デザイン、市民主体の地域運営、中心市街地再生と広域連携まちづくり、エコロジカル・シティ、まちづくり市民事業
    【学位】博士(工学)(早稲田大学)
  • 観光まちづくりは、「もてなしや楽しさの表現としての空間デザイン(もの)」と「住民主体による持続的な取り組み(ひと・こと)」が重要です。神は細部に宿ると言いますが、道・みせ・景色などの保全や整備の際に確固たる理論に基づいてデザインし、それ があるレベルを越えないと人を引きつけられません。また持続的な取り組みには、環境、産物や建造物、文化といった有形・無形の資源をつむぎ、地域の専門家や意欲ある人の力で回していくまちづくりの体制と計画・事業づくりが大切です。私は都市・建築デザイン と住民主体まちづくりの立場からこれらにアプローチしています。
  • 川原研究室のホームページ
    モノづくり観光研究会のホームページ

岡村 祐 准教授(Associate Prof. U OKAMURA)

岡村祐助教

  • 【専門】都市計画・都市デザイン・歴史的環境保全・まちづくり・観光地域史
    【学位】博士(工学)(東京大学)
  • 私は、人々が一定の経済基盤のもとで「生活の楽しさ」、「風景の美しさ」を感じながら暮らすことのできる都市・地域づくりを目指しています。その実現に重要な役割を果たすのが観光(つまり地域外から地域内へのヒト・モノ・カネの取り込み)であると考え、観光科学研究に取り組んでいます。具体的な研究内容は以下のとおりです。
    1)景観や歴史的環境を保全するための計画技法と法制度の運用実態
    2)観光イベントが地域のまちづくり活動や空間整備に与える影響
    3)住民主体の観光資源の調査(発掘・整理分析)方法
    4)産業観光の新たな方向性の検討
  • 岡村准教授の個人ページ
    モノづくり観光研究会のホームページ

片桐 由希子 助教(Assistant Prof. Yukiko KATAGIRI)

片桐由希子助教

  • 【専門】ランドスケープ計画、地域計画
    【学位】博士(学術)(慶應義塾大学)
  • 地域のランドスケープは、人の活動と地域の自然(地形・土壌・気候・水、植物・動物)とが相互に作用しながら形成されたものであり、地域観光の基盤となるものです。このランドスケープという見方から、水・緑を環境インフラとする都市、またそれを持続発展的に維持していける社会システムのありかたを探りたい考えています。と言うと、考えることが多すぎて大変そうですが、身近な水・緑、学校の裏山、近所の小さな林、屋敷林、公園、畑、あるいは一本の木、小さな水路について、なぜそこにあるか、と追っていくことから、地域全体を考えることにつながっていきます。地域を支える人と自然・緑 との関係をどのように築いていけばよいか、一緒に考え、提案していきましょう。

野田 満 助教(Assistant Prof. Mitsuru NODA)

野田満助教

  • 【専門】農村計画、都市・地域デザイン、観光まちづくり
    【学位】博士(工学)(早稲田大学)
  • 過疎・高齢化の進む農山漁村の姿は、どこか懐かしく温かであると同時に、近い未来の、わが国の縮図でもあります。今後の縮減社会に対応していく為の計画や政策、そして暮らしの手がかりは、「田舎」にこそ潜んでいるのかもしれません。「縦割り」から脱却し、限られた人的・財的・知的資源の活用を複合的に考えること(分野間の横断と接続)、理論と実践を常に表裏一体のものとして考えること(領域間の横断と接続)、そして都市だけ、農村だけではなく、互いに恩恵を享受し合うような国土の在り方を考えること(地域間の横断と接続)を通して、共に議論し、共に現場に飛び込み、頭も手も動かしながら地域づくりに取り組んでいきましょう。

古川 尚彬 特任助教(Research Assistant Prof. Naoaki FURUKAWA)

古川尚彬特任助教

  • 【専門】歴史的環境保全・地域開発・住環境改善
  • 「場」が潜在的に有する個性とは何でしょうか?
    近現代における没個性的な都市・地域計画によってその地域性,場所性を失ってしまった例は少なくなりません。
    伝統的、慣習的、あるいは流行的な生活文化が入り混じった多様な生活様式を徹底的に調べて、本来その地域が有する場所性を顕在化させてあげることが、地域づくりに関わる専門家の重要な役割の一つだと考えています。
    その中で、私は、まちのあるべき「すがた」、住民自身がわがまちを誇れる「かたち」を発見し、 多様な主体が協働しながら、まちを創造的に、製作的に、段階的に改善していく方法を主に研究しています。

平田 徳恵 特任助教(Research Assistant Prof. Norie HIRATA)

平田徳恵特任助教

  • 【専門】地域ブランディング・観光まちづくり・環境色彩・生活空間デザイン・住民参加型ワークショップ
    【学位】博士(観光科学)(首都大学東京)
  • 訪れた地での美しい景観、地域ならではの特産物や食など、観光によって体験できる地域文化は、その地において長い年月をかけ、つくりあげられたものです。 機能性優先のグローバル化等により地域らしさが失われつつある現在、大切な地域ならではの文化を住民の方々と共に再発見し磨きあげていくこと、そして、地域資源を介して地域内と地域外の方々との交流が生まれ育まれるようなまちづくりが重要だと考えています。 このような住み心地よく、訪れて楽しいまちをどのようにしてつくりあげ、マネジメントしていくことができるのか、皆さんと一緒に様々な視点から考えていきたいと思っています。

東秀紀 教授は2016年3月31日付けで退職いたしました。

相 尚寿 特任助教は2016年4月1日付けで
東京大学空間情報科学研究センター(CSiS)へ異動しました。

ページの先頭に戻る

【観光政策・情報領域】

倉田 陽平 准教授(Associate Prof. Yohei KURATA)

倉田陽平准教授

  • 【専門】地理情報科学・空間情報処理・観光情報システム
    【学位】Ph.D. (空間情報理工学)(University of Maine)
  • 見知らぬ土地を旅するのは心細いものです。でも、たった少しの「情報」があれば、私たちは心強い一歩を踏み出すことができます。私は今まで沢山の人のくれた情報に助けられ、世界のあちこちを楽しむことができました。同じように、情報の力を借り、一人でも多くの人々をエキサイティングな旅の世界へと送り出したい。それが一人の旅好きとしての私の願いです。そのために私は「本当に旅行者の役に立つ情報は何か?」について皆さんとともに探求し、より魅力的な観光情報ツールを提案していければと考えています。
  • 倉田准教授の個人ページ

直井 岳人 准教授(Associate Prof. Taketo NAOI)

直井岳人准教授

  • 【専門】観光心理学(観光環境心理学、観光消費者行動)
    【学位】Doctor of Philosophy (The University of Surrey)
    【学位】博士(工学) (東京工業大学)
  • 観光は、普段は別々に生きる人と場所の一時的な相互関係です。それは観光地にストレスを与えることもありますが、観光者には新たな視野やリフレッシュの機会を、訪問地には新たな価値をもたらす可能性も秘めています。私は、現在、観光者による観光地の評価を中心に、観光場面の人と場所との関係に関して研究しています。旅人の人生に刺激を与え、観光地に元気を与えられる、そんな人と場所の出会いを実現できる観光の形を、観光が好きな、観光の成り立ちに興味がある、異質な事物に前向きな関心を示すことができる若い皆さんと一緒に追求したいと思っています。

本保 芳明 特任教授(Research Prof. Yoshiaki HONPO)

本保芳明特任教授

  • 【専門】観光政策(観光庁初代長官)
  • 日本経済の成長余力が低下する中、観光は時代の成長戦略分野として期待され、日本は国際的な観光大国に向けた道を歩み始めました。しかしながら、日本の国際観光戦線への本格参戦は余りに遅く、産官学のいずれにおいても多くの分野で先進諸国の後塵を拝しており、戦略的強化が求められています。特に、急を要するのが、全ての基盤となる人材の育成です。ここ5年が勝負です。産官学の連携の下に、戦略的思考をもって観光政策の立案・実現のできる実戦力のある人材を育成し、観光政策の高度化に貢献したいと願っております。

戸崎 肇 特任教授(Research Prof. Hajime TOZAKI)

戸崎肇特任教授

  • 【専門】交通政策、観光政策
  • 現在、日本は観光立国となるべく様々な取り組みを進め、その成果が急激なインバウンド観光客の増加という形で表れてきています。しかし、その反面において、解決すべき問題も鮮明となってきました。観光政策・産業を支えていくべき人材の不足はその最たるものの1つです。2020年の東京オリンピック開催を控え、今後ますます観光に関係する人材の育成は急務となっています。これから、本学において、今後の日本の観光を支え、推進していく人材の育成に努めつつ、自らもその一助となるように頑張ってまいります。

阿曽 真紀子 特任助教(Research Assistant Prof. Makiko ASO)

阿曽真紀子特任助教

  • 【専門】観光、経営管理
  • 観光、キャリア、マネジメントが関心事です。心深く打ち込んでいるものがある人、 夢があって夢の実現に向けての一歩を歩み始めている人、 そのことを一人だけでするのでなく、 ネットワークを作りたいと思っている人、 このような人達とのコミュニケーションを大事にしたいと考えています。 ゼミ、研究会や研修の場を通じてしっかり議論したいです。

高澤 特任助教は2016年10月1日付けで山形大学へ異動しました。

【自然ツーリズム領域】

菊地 俊夫 教授(Prof. Toshio KIKUCHI)

菊地俊夫教授

  • 【専門】人文地理学、自然ツーリズム学(ルーラルツーリズム、エコツーリズム、環境資源利用、環境保全)
    【学位】理学博士(筑波大学)
  • ルーラルツーリズムやエコツーリズムの在り方を通じて、地域資源や環境資源を持続的に利用するシステムを構築・検討しています。そのためには、新しい理論やアイデアを吸収することが重要ですが、それ以上に実際の地域や環境のなかで「あるく」、「みる」、「きく」、「かんがえる」ことが重要です。また、地域や環境を適切に理解するためには、地域や環境を多面的・総合的に捉える地理学の視点も重要です。地理学のフィールドワークと総合的な視点を駆使して、地域資源や環境資源の適正利用を研究しましょう。
  • 観光地域研究室ホームページ

沼田 真也 教授(Prof. Shinya NUMATA)

沼田真也准教授

  • 【専門】植物生態学、熱帯生物学、科学技術政策
    【学位】博士(理学)(東京都立大学)
  • 生態学の視点から観光科学に取り組みます。私自身は、東南アジア熱帯林の保全について研究してきました。残念なことに、貧困や文化に基づく社会・経済的影響や生態系の科学的理解の不足により、熱帯林の保全が進んでいるとは言えません。しかし、資源収奪を必ずしも伴わないツーリズム活動は、これらの自然環境問題を打開する有効なアプローチになると考えています。自然豊かな生態系の魅力に迫る研究に加えて、自然ツーリズムがもたらす様々な効果を高めたり、リスクを軽減したりするための研究を実践することで、自然ツーリズムの学問的体系化を目指します。
  • 沼田教授の個人ページ

保坂 哲朗 特任准教授(Research Associate Prof. Tetsuro HOSAKA)

保坂哲朗特任助教

  • 【専門】熱帯生態学、森林昆虫学、熱帯雨林の保全
    【学位】博士(農学)(京都大学)
  • 「熱帯雨林への旅」に興味はありませんか?私はマレーシアの熱帯雨林で昆虫と植物の関わりについて研究してきました。高層ビルのような巨木が立ち並び、多種多様な生物が息づく熱帯雨林では、日本の森しか知らない人には想像もできないような生物の生きざまに出会うことができます。また、熱帯雨林の不思議さや楽しさを世界中の人が共有できるエコツーリズムは、減少著しい熱帯雨林を守る手段にもなり得ます。熱帯の壮大な森林を舞台に人と自然の共生のあり方を考えてみませんか。

杉本 興運 助教(Assistant Prof. Koun SUGIMOTO)

杉本興運助教

  • 【専門】地理学(観光、行動、応用)、地理情報学
    【学位】博士(観光科学)(首都大学東京)
  • 人文・自然の双方の視点から、地球上で展開する様々な観光現象の仕組みを解き明かすこと、観光地の資源管理に役立つ応用技術を開発することが、私の研究テーマです。世界には様々な個性をもつ観光地が存在し、私たちを魅了しています。景観といった目に見えるものから、気候や雰囲気といったものまで、魅力となる要素は様々でしょう。観光という現象を地理的な側面から捉えると、そうした地域性は観光発展や観光行動の時間・空間的なパターンを解明するための鍵となります。また、観光地の適正な資源管理を考える上でも、地域の個性をしっかりと把握することは重要です。好奇心あふれる皆さんと共に、地域を知り、地域の観光を追及することを通して、発見や地域貢献の喜びを分かち合いたいと思います。
  • 観光地域研究室ホームページ
  • 杉本助教の個人ページ

高木 悦郎 助教(Assistant Prof. Etsuro TAKAGI)

高木悦郎助教

  • 【専門】森林動物学、個体群生態学、ナチュラルヒストリー 
    【学位】博士(農学)(東京大学)
  • 都市は原生自然の対極に位置しているとされています。しかし都市には、公園や緑地に限らず、街路樹や庭木など、実にたくさんの自然が存在しています。そしてそれらの自然は、ただ独立に存在しているわけではなく、お互いに絡み合い、作用し合っています。また、都市に生活している人々や、観光などで都市を訪れた人々とも、相互に複雑に作用しています。そういった都市の自然の現状や在り方を、一緒に考えてみませんか?
  • 高木助教の個人ページ

ラナウィーラゲ エランガー 特任助教(Research Assistant Prof. ERANGA)

ラナウィーラゲエランガー特任助教

  • 【専門】wildlife based tourism, human dimensions of wildlife
    【学位】Ph.D.(観光科学)(首都大学東京)
  • Have you taken a tour to a wildlife area?
    Unlike a zoo or aquarium, it allows you to experience wildlife in its natural environment. Therefore, this type of natural area tourism continues to expand. Protecting and conserving natural environment while managing the demands of tourists has been a challenge worldwide. Consequently, much of the natural resources that we enjoy for tourism today might not be available for future generations. It is important to identify these gaps between conservation and tourism development in order to find ways to benefit from both ventures. I have been conducting research about human impact on wild elephants in protected areas in Sri Lanka.
    Let’s be conscious about our impacts on natural environment, and contribute to the conservation of these fragile resources through our research and studies.
  • 観光地域研究室ホームページ

太田 慧 特任助教(Research Assistant Prof.Kei OTA )

太田慧特任助教

  • 【専門】観光地理学、土地利用研究、沿岸地域研究、GIS(地理情報システム)
    【学位】博士(観光科学)(首都大学東京)
  • 沿岸地域は古くから海水浴や夏の避暑地として観光活動が展開される場となってきました。また、近年は都市の沿岸地域も新たな観光スポットとして注目を集めています。私は現地に出向くフィールドワークやGISを活用し、自然環境と社会環境の関連から観光地域の成り立ちについて研究しています。研究室でじっくり考えることも大切ですが、現地に足を運ぶことは地域の個性や特徴、課題について考えるきっかけになります。地域の課題について考えることは、適切な地域資源の利用や空間配置メカニズムの解明などのより専門的な研究につながります。そのためにはまず、観光地にとどまらず身近な場所にも目を向けて、地域の良さや課題について一緒に考えていきましょう。

小﨑隆 教授は2017年4月1日付けで愛知大学へ異動しました。

杉原創 助教は2016年1月1日付けで
東京農工大学へ異動しました。