研究分野の案内 / FIELD

安全防災分野

研究グループ名 地盤工学グループ
教員名
准教授:吉嶺充俊

准教授:小田義也

研究方針と内容

本研究室では、地震観測、常時微動観測、物理探査、室内実験や数値解析により多摩・逗子・平塚地域の地震防災に関する研究、地盤やトンネル・地下構造物の耐震性に関する研究、地殻構造と地震・火山の活動性に関する研究、砂の液状化特性など土の力学的特性の解明に関する研究、および、土の強度と変形や地盤の支持力に関する研究を行っています。研究内容は多岐に渡りますが、これらの研究を通して安全な都市の構築に寄与することを目的としています。また、国際共同研究および留学生の受け入れを積極的に行っており、国際性豊かな人材の育成に努めています。なお、詳細については下記よりホームページを参照してください。

探査工学研究室のホームページはこちらです。

修士・博士論文テーマ(2018年度)

  • 粒子破砕によって生じる細粒分が砂の非排水せん断挙動に与える影響
  • 逗子市における細密な地震被害想定と即時被害推定に関する研究
  • 低周波の弾性波を用いたコンクリート構造物の内部探査に関する研究
  • 干渉SAR解析による火山地域の地表変動と圧力源の推定に関する研究
  • 主な卒業論文テーマ(2018年度)

  • 単純せん断と三軸圧縮による砂の非排水大変形挙動の比較
  • 平均粒径の異なる4種類の飯豊珪砂の非排水せん断特性
  • タイムラプストモグラフィによる地殻構造変化の検出能力に関する研究
  • 干渉SAR解析による八丈島三原山周辺の地表変動に関する研究
  • 東京都立大学 都市環境学部 都市基盤環境学科
    東京都立大学大学院 都市環境科学研究科 都市基盤環境学域
    〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1