沿革 / HISTORY

都市基盤環境学科・都市基盤環境 学域の創設と沿革

1940年 東京府立高等工業学校(後に都立工業専門学校に改称)建設工学科が開設
1949年 新制大学の一つとして東京都立大学が開学される
他の都立専門学校5校とともに、東京都立大学工学部に統合
発足時のキャンパスは品川区鮫洲にあった
1956年 建設工学科は土木工学科と建築工学科に分離
1962年 世田谷区深沢に移転
1991年 八王子市南大沢の現キャンパスに移転
2005年 都立4大学を統合し、新大学を「首都大学東京」とする
首都大学東京 工学部 土木工学科を東京都立大学 都市環境学部 都市基盤環境学科に変更

2006年 土木 学域を大学院都市環境科学研究科 都市基盤環境 学域に変更

講座編成の沿革

1949年 構造工学講座の設置
1950年 交通工学講座の設置
1951年 水工学講座の設置
1962年 世田谷区深沢に移転
1991年 八王子市南大沢の現キャンパスに移転
1952年 土木構造学講座の設置
1957年 衛生工学講座の設置
1967年 土木応用力学講座の設置
1969年 土木材料学講座の設置
1972年 土木防災学講座の設置、及び交通工学講座から土木計画学講座への改組
1994年 地盤工学講座の設置
1996年 都市施設・環境設計学講座(土木0.5・建築0.5講座)の設置
合計で8.5講座体制が整備された
1997年 大学院部局化にともなって教員は学部から大学院工学研究科の所属に移行
1998年 従来からの小講座から大講座制に改組(4講座に再編成)
社会基盤計画学講座、土木構造学講座、水環境工学講座、地盤工学講座
2005年 新大学への移行に伴い、社会基盤分野、環境システム分野、安全防災分野の3分野に改組

東京都立大学 都市環境学部 都市基盤環境学科
東京都立大学大学院 都市環境科学研究科 都市基盤環境学域
〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1