JABEEとは?

JABEEとは?

 日本技術者教育認定機構Japan Accreditation Board for Engineering Education (JABEE)は, 大学など高等教育機関で実施されている技術者教育プログラムの審査・認定を行う非政府団体です.

何を審査するのか?

 JABEEが認定する対象は,「教育プログラム」そのものです. 教育プログラムとは,この場合「首都大学東京 都市環境学部 地理環境コース」 および「東京都立大学 理学部 地理学科」を示しています. プログラムの卒業生全員が,技術者として社会の要求水準に十分に応えられる質を保っているか, 教育カリキュラムの設計・理念,成績評価の厳密さ,教員の継続的な教育改善への取り組み, 最低得点の学生のレポートの質,などが問われるのです. したがって審査されるのは学科・学生・教員であり,学生個人ではありません. 教職資格や学芸員資格のように,一定の単位を履修した学生に与えられる資格とは性格が異なりますから注意が必要です.

技術士資格獲得までのプロセス

 東京都立大学理学部地理学科は,2002年度,地球・資源分野での試行審査を経て,2003年度に本審査の認定を受けました. これにより本学科では,平成15年度の卒業生に初めての「修習技術者」(技術士の第一次試験合格者(=技術士補)と同等と認められる)を輩出しました. 修習技術者に関する詳しい情報は,日本技術士会のホームページをご覧ください. 卒業生は,技術士会へ申請・登録することで「技術士補」の資格保有者となります. また,継続認定を受けることで, 首都大学東京 都市環境学部 地理環境コースの卒業生にも修習技術者の資格が授与されるようになります. この技術士補から実務経験や第二次試験を経て技術士となるまでのプロセスは,下図のようになっています.



学習・教育目標

 学習・教育目標とは,JABEEが基準としている能力・資質をふまえて地理学科が独自に設定したものです. 学生のみなさんは,学習・教育目標(入学年次の「学部学生・大学院生のための手引」にあります。最新版は こちら) に定められた項目ごとに, 評価基準を満たすよう,カリキュラムを計画的に履修しなければなりません. 各々の目標を習得するために必要とされる科目とその判定基準は,JABEEの理念に基づいて, 社会および学生に対して公開されています.

卒業要件と JABEE の学習・教育目標

 JABEEの学習・教育目標達成に必要な科目を全て履修すれば,地理学科の卒業要件となるのでしょうか?答えはNOです. 地理学科を卒業して学士(理学士)の資格を得るためには,体育を含めいくつかの教養・専門科目をも履修しなければなりません. しかし,学習・教育目標は,学科の履修課程とほぼ重複するように設計されていますから, 学年はじめの履修指導さえしっかり受けていれば,卒業しそこねる心配はありません.

認定の期限

 JABEE認定は,「期限付き」です.認定を維持するには,数年おきに継続審査を受ける必要があり, これに合格できなかった場合,学生はどんなに学習・教育目標を達成していたとしても, 「修習技術者」として卒業することができなくなります. 認定継続のためには,学生・教員双方がJABEEを理解し, 緊張感をもって審査に臨むことが欠かせません.


 JABEE認定は,学生のみなさんの意欲的な学習・研究活動を後押しするだけでなく, 地理学科の教育を通して,社会的な課題に対する感性と,技術者としての技能・使命感を養うためのチャンスとも考えられます. 同時に,社会の要請に地理学がどのように応えるのか,地理学の教育成果が改めて試される出発点にもなるでしょう.